1840円 [セシール] スマートドライ 汗取りパッド付きフレンチ袖(大きな強汗取りパッド付き・綿100%・レースタイプ)) UE-373 レディース 服&ファッション小物 レディース インナーウェア・ルームウェア 1840円 [セシール] スマートドライ 汗取りパッド付きフレンチ袖(大きな強汗取りパッド付き・綿100%・レースタイプ)) UE-373 レディース 服&ファッション小物 レディース インナーウェア・ルームウェア UE-373,/belonosphaerite439315.html,汗取りパッド付きフレンチ袖(大きな強汗取りパッド付き・綿100%・レースタイプ)),レディース,スマートドライ,iwates-1.com,[セシール],1840円,服&ファッション小物 , レディース , インナーウェア・ルームウェア UE-373,/belonosphaerite439315.html,汗取りパッド付きフレンチ袖(大きな強汗取りパッド付き・綿100%・レースタイプ)),レディース,スマートドライ,iwates-1.com,[セシール],1840円,服&ファッション小物 , レディース , インナーウェア・ルームウェア セシール スマートドライ 汗取りパッド付きフレンチ袖 大きな強汗取りパッド付き レディース 綿100% アウトレットセール 特集 レースタイプ UE-373 セシール スマートドライ 汗取りパッド付きフレンチ袖 大きな強汗取りパッド付き レディース 綿100% アウトレットセール 特集 レースタイプ UE-373

セシール スマートドライ 汗取りパッド付きフレンチ袖 大きな強汗取りパッド付き レディース 綿100% アウトレットセール 品質保証 特集 レースタイプ UE-373

[セシール] スマートドライ 汗取りパッド付きフレンチ袖(大きな強汗取りパッド付き・綿100%・レースタイプ)) UE-373 レディース

1840円

[セシール] スマートドライ 汗取りパッド付きフレンチ袖(大きな強汗取りパッド付き・綿100%・レースタイプ)) UE-373 レディース

商品の説明

商品紹介

夏の不快原因となる汗によるベタつき、ムレ、肌への「はりつき」を解決する綿100%のスマートドライ。汗かきさんにも対応する大きめ汗取りパッドが付いたフレンチ袖インナーです。胸元にはピタッとフィットするレースをあしらい、袖部分にも涼しげなレースをあしらったオシャレなデザイン。身生地にはさらりと肌ばなれの良い、うすくてやわらかな素材を使用。汗をすばやく吸い取り、サッと乾くから1日ずっと軽やかな着心地です。脇に縫い目がないからゴロつかないのもポイントです。(中国製(レース:日本製))

ブランド紹介

総合通販ブランド「セシール」では、女性向けインナーをはじめ、ファッションやビューティ、ライフグッズなど、幅広いアイテムを多彩なチャネルでご提供します。


メーカーより

1
1 1 1 1 1 1
汗・臭い・UV対策 脇汗を徹底カバー 爆汗さん必見 ブラいらずでらくちん らくちんな着心地 汗かきさんに快適
商品特徴 前汗キャッチャーシリーズ。さわやかな着心地、一日中。 前汗キャッチャーシリーズの定番。 脇汗・胸元・背中など全身の汗ジミ、ニオイ対策に。 一枚で着られる、カップ付タイプ。 バストをきれいに整える立体カップを、身生地と縫い合わせることで胸すっきりきれいに。 脇に縫い目がないからゴロつかない。
サイズ展開 S/M/L/LL/3L/5L M/L/LL/3L S/M/L/LL/3L S/M/L/LL/3L M/L/LL/3L/5L S/M/L/LL/3L/5L
カラー展開 ハニーベージュ/ブラック/オフホワイト/ブルーフォグ ホワイト/ブラック/フレッシュベージュ チャコールグレー/オフホワイト/ベージュ/ラベンダーブルー ブラック/ブルーグレー/フレッシュベージュ ブラック ソフトグリーン グレーモク ネイビー ブラック/ベージュ/オフホワイト
素材 汗をかいてもすばやく吸い取り、さっとドライにしてくれる「スマートドライ」。 綿混で快適。 やさしい着心地の綿混素材。 綿混で快適。 綿95%のやさしい肌あたり。 身生地は、汗をかいてもすばやく吸い取り、さっとドライにしてくれるサラサラ綿100%スマートドライ。
フィット感 脇下にフィットして汗を逃がさない立体設計。 脇下にフィットして汗を逃がさない立体設計。 気になる脇の爆汗を、大きな汗取りパッドで徹底ガード。 脇下にフィットして汗を逃がさない立体設計。 身生地と縫い合わせることでズレにくくさらに、背中までアンダーゴムとサポート生地を付けてフィット感を高めています。 胸元にはフィットするレースデザイン。
シーズン 一年中 一年中 一年中 一年中 一年中 一年中
セシール品番 UE-572 UE-301 UE-1075 UE-1238 UE-1247 UE-373
1 1 1 1
やさしい肌ざわり やさしい肌ざわり 優しい着け心地 やさしいはき心地
商品特徴 伸縮性に優れたレースをウエストに使用。 レースとコットンを組み合わせたフェミニンなデザイン。 お腹をすっぽり包む。 飽きのこないベーシックなデザイン。
サイズ展開 S/M/L/LL/3L/5L M/L/LL M/L/LL/3L/5L S/M/L/LL/3L/5L
カラー展開 5枚組 3枚組 5枚組 5枚組
素材 綿100% 綿100% 綿100% 綿100%
フィット感 しなやかウエストレースで締め付けない。 はきこみ丈浅めのビキニタイプ。 肌にゴムが当たらず優しい着け心地。 締め付けないやわらかゴム仕様。
セシール品番 EF-279 EC-721 EE-673 EF-376
1 1 1 1
エレガントなスリップ 素材の差がキレイの差 素材の差がキレイの差 素材の差がキレイの差
商品特徴 身丈は2丈から選べて、ストラップ調節も可能。 アウターに合わせて色・丈が選べる。 アウターに合わせて色・丈が選べる。 アウターに合わせて色・丈が選べる。
サイズ展開 (バスト-身丈) 75-80㎝ ~ 110-95㎝ (サイズ-丈) M-35cm ~ LL-55cm (バスト-身丈) 80-75㎝ ~ 100-95㎝ (サイズ-丈) M-65cm ~ LL-75cm
カラー展開 ブラック/アンティックベージュ/スカロップシェル ブラック/オフホワイト/シェルベージュ ブラック/オフホワイト/シェルベージュ ブラック/シェルベージュ
素材 なめらかですべりの良いトリコット素材。 シルキーな光沢感と、肌になめらかになじむとろとろの風合い。 シルキーな光沢感と、肌になめらかになじむとろとろの風合い。 シルキーな光沢感と、肌になめらかになじむとろとろの風合い。
フィット感 吸汗・速乾機能で汗をかいてもさらりと快適。静電気を防ぐ加工でまとわりつきも抑える。 吸汗速乾性もあるから、汗ばんでもサラッとした着心地。静電気のパチパチも抑える。 吸汗速乾性もあるから、汗ばんでもサラッとした着心地。静電気のパチパチも抑える。 吸汗速乾性もあるから、汗ばんでもサラッとした着心地。静電気のパチパチも抑える。
シーズン 一年中 一年中 一年中 一年中
セシール品番 LS-634 LF-96 LS-456 LF-133
1 1 1 1 1
衿元すっきりタイプ カップ付き クルーネック長袖 ハイネックタイプ タートルネック長袖
商品特徴 薄くて、軽くて、なめらかな着心地。着た瞬間からずーっと、あったかい。SmartHeat(BASIC)。 薄くて、軽くて、なめらかな着心地。着た瞬間からずーっと、あったかい。SmartHeat(BASIC)。 「天然素材・綿」のやさしいぬくもり。 発熱する綿95%。SmartHeatぬく綿。 薄くて、軽くて、なめらかな着心地。着た瞬間からずーっと、あったかい。SmartHeat(BASIC)。 「天然素材・綿」のやさしいぬくもり。 発熱する綿95%。SmartHeatぬく綿。
サイズ展開 S/M/L/LL/3L/5L S/M/L/LL/3L/5L S/M/L/LL/3L/5L S/M/L/LL/3L/5L S/M/L/LL/3L/5L
カラー展開 ブラック/ベージュ/インディゴブルー/オフホワイト/ボルドー/チャコールグレー チャコールグレー/ブラック/ベージュ/インディゴブルー/ボルドー ブラック/オフホワイト/ チャコールグレー/ブラック/インディゴブルー/ボルドー ブラック/オフホワイト
素材 ミルクプロテイン配合で、乾燥が気になる季節にうれしい肌ざわり。 ミルクプロテイン配合で、乾燥が気になる季節にうれしい肌ざわり。 「発熱綿」と、 柔らかな「インド綿」をブレンド。乾燥や刺激に弱いお肌にやさしい。抗菌防臭機能付きだから、部屋干しのニオイも防ぐ。 ミルクプロテイン配合で、乾燥が気になる季節にうれしい肌ざわり。 「発熱綿」と、 柔らかな「インド綿」をブレンド。乾燥や刺激に弱いお肌にやさしい。抗菌防臭機能付きだから、部屋干しのニオイも防ぐ。
フィット感 背中の出にくい後身丈長め。 下厚カップを身生地に縫い合わせて、カップのズレを少なく。 バストシルエットも、よりキレイに。背中までぐるっとアンダーゴムがサポートするから安定感UP。 静電気のイヤなパチパチを少なくし、これまでにないナチュラルな柔らかさ。 薄くて、軽くて、なめらかな着心地。スタイリッシュなコーデにもおすすめ。 静電気のイヤなパチパチを少なくし、これまでにないナチュラルな柔らかさ。
シーズン
セシール品番 UE-1282 UE-1285 UP-631 UE-1280 UP-632

[セシール] スマートドライ 汗取りパッド付きフレンチ袖(大きな強汗取りパッド付き・綿100%・レースタイプ)) UE-373 レディース

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

Play/Pause

New Posts

More

鳥と生きもの

スリップ防止冬季サーマルグローブ、タッチスクリーングローブ、男性女性の女性のためのサイクリンググローブ、ライディングスキーを運転するための男性女性レディース ドライビンググローブ LHAHGLY (Size : M)
2193
大きなオレンジ色の蝶が青空を舞う姿は、夏のニュージーランドの風物詩とも言っていいくらいよく見かける光景だろう。オレンジの蝶とは、ニュージーランド最大の蝶として知られるモナーク・バタフライ Monarch Butterfly(和名はオオカバマ...
3160
3837
8438
4656
More

お花や植物

3006
ニュージーランドのトレッキングコースは、日本のそれに比べてずいぶんと長いものが多い。人気が高いグレートウォークスを筆頭に、NZでは数日かけて歩く縦走コースが主流だし、なかには国を南北に3000キロ縦断するテ・アラロアなんて究極のコースもある...
3344
5278
2768
More

トレッキング・アクティビティ

305
2744
3640
4230
4460
5264
More

NZアウトドアブランド&ギア

4446
ニュージーランドで有名なアウトドア・ブランドやアウトドア・ショップと言ったら、以前にも紹介した『カトマンドゥ Kathmandu』や 『マックパック Macpac』などが真っ先に挙がるだろう。事実、これらのお店は最大都市オークランドの目抜き...
8939
「ハワイ州が環境に有害な日焼け止めの販売を禁止する法律を発表」―― そんなニュースが驚きをもって世界中に報じられたのは、2018年の中ごろだった。ハワイ州は海水浴客の使う日焼け止めクリームが世界的に有名なサンゴ礁を破壊しているとの調査結果を...
7189
マックパックやカトマンドゥ、アイスブレーカーなど、数々の良質なアウトドアブランドを世に送り出し続けている国、ニュージーランド。国の代名詞ともいえる羊から採ったメリノウールはその品質の良さでほかの追従を許さず、快適で温かいメリノウール製品はア...
3920
ニュージーランドのアウトドアブランドと言えば真っ先に名前の挙がるKatumandu(カトマンズ/カトマンドゥ)。 先日、年に四回ある割引きセールの時をねらって、以前から欲しいと思っていた登山靴を購入してきた。 . さて、真新しい登山靴を手に...
3777
ニュージーランドに住むようになってから、身の回りのアウトドアグッズがこれまでモンベル一辺倒からマックパック&カトマンドゥ一辺倒(二返倒!?)になってきた。理由はいろいろあるが、最大の理由はモンベルがNZでは買えない上に、これらの”ご当地ブラ...
More
305
これまで難易度様々なトレッキングコースを紹介してきたけれど、今回はちょっと新しい試み。Gopro8を手に入れたので、動画撮影もしながら歩いてみた。今日紹介するのは、まだこのHPでアップしてないオークランド近郊のおすすめコース、ワイタケレ・リージョナルパークの「Karamatura Loop Track (カラマツラ・ル...
3006
ニュージーランドのトレッキングコースは、日本のそれに比べてずいぶんと長いものが多い。人気が高いグレートウォークスを筆頭に、NZでは数日かけて歩く縦走コースが主流だし、なかには国を南北に3000キロ縦断するテ・アラロアなんて究極のコースもあるくらいだ。 さて、そんなニュージーランドの長い山歩きにおいては、少しでも道中の”...
2193
大きなオレンジ色の蝶が青空を舞う姿は、夏のニュージーランドの風物詩とも言っていいくらいよく見かける光景だろう。オレンジの蝶とは、ニュージーランド最大の蝶として知られるモナーク・バタフライ Monarch Butterfly(和名はオオカバマダラ)。色が派手なおかげで遠くからでも見つけられる、NZで最もポピュラーな生きも...
2275
12~2月の、真夏を迎えたニュージーランド。僕は週末を迎えるたびにそわそわして、ありったけの遊び道具を車に詰め込んで出かける日々が続いている。行き先は、もちろん海!それもビーチではなくて、ひと気の少ない岩場に狙いを定め、ウェットスーツを着込んで銃を持って潜りにでかけている。そう、スピアフィッシングにハマッてしまったのだ...
2744
ロトルアと言えば温泉やマオリの文化体験がよく知られているけれど、一方で「素晴らしい湖がたくさんあるアクティブティ天国」でもある。地図でロトルアをみてみると、中心部から東側に大小さまざまな湖があって、しかもアウトドアの国・ニュージーランドだけにどの湖もハイキングコースが通っているのだ。 この記事では、その中でも比較的アク...
3344
4月から5月ごろにかけて、秋のニュージーランドでは紅葉がピークを迎える。 僕の住むオークランドでも街路樹や街中の木々が赤や黄色に色づいてきていて(この記事は5月上旬に執筆)、人々の目を楽しませてくれている。南島のアロータウンという町では毎年この時期になるとオータム・フェスティバルと題して紅葉を背景に開拓時代に思いを馳せ...
4311
NZ各地で開催される週末のファーマーズマーケットに足を運んだことはあるだろうか?週末の青い空のもと、コーヒーを片手に活気あふれるマーケットを歩いてみよう。色とりどりの食べ物に、個性豊かなアートや雑貨・・そこでしか買えない“一品もの”を生産者さんと言葉を交わして購入したり、地元アーティストのライブミュージックに耳を傾けた...
3640
トレッキングにおいて、「滝」というのは最高のギフトだ。 豪快なしぶきをあげる滝が道の先にあるなら足取りも軽くなるし、滝が作りだす川や崖は素晴らしいランドマークになって、単調になりやすいトレッキングコースにメリハリをつけてくれる。 今回僕が足を運んだニュージーランド北島の「ワイレレ・フォールス」は、その点でいえばこれまで...
3668
NZ北島のトレッキングコースの中でも、”湧水の川”に沿って歩けるとても珍しいコース「Blue Springs」。ある日ボトルウォーターの源泉地としても知られるこのコースを知人と歩いていたとき、川を眺めながら「ニュージーランドの水」の話をし始めると、常に水を観ながら歩いたせいか、その日は最初から最後まで「水」の話でもちき...
4230
「ミルフォード・サウンドのクルーズか、ダウトフル・サウンドのクルーズ。どっちに乗ったらいいんだろう・・!?」 ニュージーランド南島への旅行を計画するとき、世界遺産地域のフィヨルドを巡るクルーズは旅のハイライトになりうる最上級のアクティビティだ。それだけに念入りに計画を立てようとして、ミルフォード・サウンドか、お隣のダウ...

こんな記事も読まれてます

ニュージーランドに来てから、日本人(アジア人)とキーウィ(NZ人)との間に一つの大きな違いがあるように感じている。 小さいようで、しかし決定的な違い。 それは、「自信」。 会話や行動など、日々の生活で現れてくるconfidenceの有無。今...
ニュージーランドのお花見スポットと言えば、オークランドの「ワンツリーヒル」「オークランド・ドメイン」、クライストチャーチの「ハグレーパーク」が良く知られている。 でも今回、僕は偶然にもこれらの有名なお花見スポットに匹敵する、新たな桜並木を発...
ニュージーランドは山好きには天国のような国だ。 豊富な山々を舞台にたくさんのトレッキングコースが設置され、世界遺産地域のトレッキングは世界的にも人気がある。ここでしか見れない動植物が多いのも人気の秘密だろう。特に植物はなんとその80%が固有...
「ハワイ州が環境に有害な日焼け止めの販売を禁止する法律を発表」―― そんなニュースが驚きをもって世界中に報じられたのは、2018年の中ごろだった。ハワイ州は海水浴客の使う日焼け止めクリームが世界的に有名なサンゴ礁を破壊しているとの調査結果を...
今年から「今月読まれた人気記事」をPV(ページビュー)ごとにランキング形式にして、毎月末にお届けしてみたいと思う。 さて、第一回は2017年1月のランキング。見逃した記事があれば目を通してみよう! 人気記事10位:成長すると形が変わる!?ニ...
その月に発表した記事の中で、特によく読まれた記事をPV(ページビュー)順に紹介するコーナー「今月の人気記事トップ10」。2017年2月のランキングの発表です。トップ1,2を閉めたのは、過去最大級の座礁となったあの事件でした。 人気記事10位...
ニュージーランドが誇るトレッキングコースのトップ9、グレートウォーク。その中でも唯一歩きではなく川下りが楽しめるのが、ワンガヌイ・リバー・ジャーニーだ。 前の記事ではこの川下りの概要について書いたので、ここでは具体的に実行に移すための3つの...
WOFというのはニュージーランドの車検のようなものだが、通常なら40~50ドルかかるところ、僕は今回なんと、たったの10ドルで済ますことができた。これはなかなか知られていない方法だと思うので、さっそく載せておこう。とはいえ、 「WOFがたっ...
スマホには欠かせないアプリの一つ、グーグルマップ。地図はもちろん、目的地への行きかたまで表示してくれるので、海外の観光やレンタカー利用時のナビとしてもとても便利だ。以前「Nature ニュージーランド」でも、グーグルマップのオフライン利用に...
日本で桜と言えば春を連想し、すすきといえば秋を連想するように、ニュージーランドではポフツカワという花をもって夏を連想する。11月~1月ごろに真っ赤な花を木いっぱいに咲かせるので、別名「クリスマスツリー」なんて呼ばれ方もするポフツカワ。NZの...
Return Top